本日は背中のトレーニング!!

背中のトレーニングの極意

 

本日は伝説の背中のトレーニングを行いたいと思う!!伝説のトレーニング!!
範馬裕次郎の背中を超えるべく立ち上がる!!
背中は一年は懸垂を行う!!そしてそこからデッドリフトに移行していくというもの!!この方法が一番背中が大きくなる!!やはり背中は徐々に大きくしていくのが一番なのである!!何故かというと一気に高重量のデッドリフトで背中を鍛えていくと間違いなく腰を痛めてしまうので、ここは順序を踏むことこそが一番であると考える!!

懸垂は荷重をせずに自重のみで行う!!回数は20回を10セット!!1年で1万回以上は懸垂したような気がする(笑)それで背中の筋肉をそこそこつけてからデッドリフトに移行する!!それでもデッドリフトは腰の故障をしてしまう確率がとても高い種目である!!しかし、全身の筋肉を鍛えてくれる為とても大切な種目であると私は考えている!!
因みにデッドリフトに重量はあまり必要ではない(筋肉を大きくしたい場合)!!ウエイトリフターの様にどんどん重たい重量を持つ事は危険が高いしお勧めできない!!自分の体重の重量でもうまく扱えば十分に筋肥大する!!重要なのはきちんと限界を超えることが一番重要なのである!!
背中のパンプアップをきちんと感じることが出来るようになるまでは結構時間がかかるのでゆっくりと長い目でトレーニングを続けていこう!!パンプアップを感じることが出来るようになりさえすれば締めたものである!!背中のトレーニングがかなり楽しくなるからである!!それまでは懸垂でまったりと故障しない程度に始めてみよう!!

他にもベントローやワンハンドローイングなど様々なトレーニングがある!!ワンハンドローイングは背中の内側を重点的に鍛えたいときには最高の種目である!!しかし、ダンベルである程度の重さを扱えなくてはあまり効果が無いので注意が必要である!!

ここで家で揃えたトレーニング機材を紹介したいと思う!!
まずはベンチプレス用の機械!!そしてベンチ!!更にバーベル140キロまで可能なタイプ!!次にダンベル20キロまで可能なタイプ!!後は下に轢くマット(笑)このくらいだ!!
しかし近くの市営ジムだとまずバーベルが無い!!さらにダンベルも10キロまでしかない!!これではまったく鍛える事なんてできないだろう・・・マシーンはあるが体に馴染んでこないタイプのものでパンプ感もいまいちなので(笑)やはりバーベルをしっかり行うことが一番だなと実感している!!

ベンチプレス、バーベルスクワット、デッドリフトのBIG3!!お笑い界のたけし、さんま、タモリ並みに筋トレ界では重要な三種目である!!これらをきちんとマスターすれば十分に体を大きくしていく事が出来るので無理のない程度でぜひマスターしてみよう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する記事 関連する記事