2016年末のYoutubeアカウント停止祭について語る!!

Youtubeアカウント停止について語りたいと思う

2016年11月11日事件は起こった

 

2016年11月11日より大規模なyoutubeのアカウント停止が行われた。私自身様々な人の話を伺い、なぜ停止されてしまったのかを考えたが、なかなか答えが出ずにしたのだが2つの共通項目が浮かびあがってきた。

 


アカウント停止を受けたチャンネルの2つの共通項目

 

その一つがゲーム実況者チャンネルであるということ。これは、動画にしてもよいゲーム実況もアカウント停止を受けていたので自動的に停止をされてしまった物と考えられる。ゲーム実況者のチャンネルは多くが復活を遂げているようである。

次に、自分のコピーチャンネルが存在する場合。この場合ロボットが本家のチャンネルをコピーチャンネルと見なしアカウントを停止するという物である。これは、コピーチャンネルの情報をグーグルにきちんと提示することで解消される。

 

この二つの理由で誤停止を受けたアカウントが数多くいたようである。私も、誤停止を受け、youtubeクリエイターサポートの方と連絡を取っていたが、非常に丁寧な対応で私の気持ちも保つことができた。やはり、アカウントが停止される精神的ダメージは相当であった。

 


全ては元請け企業に権限がある

 

しかし、きちんと考えてみると動画をあげる身分の存在はあくまで下請け企業にすぎずいつリストラをされても文句は言えないのである。そこをきちんと踏まえると今回の強制アカウント停止も理解できるし、私が思うに、多くのアカウントをふるいにかけ、例えば100000アカウントを強制的に停止しそのうち完全に違反をしていないクリーンな10000アカウントのみを復活させたという事なのかもしれない。実際、違反動画をあげていた人々は復活していないどころか、それ以外の全てのアカウントも停止されたようである。違法動画をあげていた人々は2016年の年末から2017年の初旬にかけて完全に姿を消したようである。

 


 

著作権の非親告化は深刻か!?

 

 

著作権の非親告化は早くて2018年度から日本では取り入れられるようである。これは、ある著作権の物に対し、著作権者だけではなく警察、税務官など第三者が控訴することができるシステムであり、海外では多く取り入れられている。つまり、非親告化により警察が違法動画を訴えることができるようになったのである。つまり、2018年以降は更に、youtubeでの違法動画の取り締まりは厳しくなるであろう。まあ、現在でも第三者の通報によりアカウント停止や動画の削除はありえるので基本的なベースの部分では変わらないが、警察が動くという点では更に取り締まりは厳しくなっていく。

 


 

youtubeのこれからあるべき姿を考える

 

Youtubeのこれからあるべき姿とは。人々の心を動かす動画をより尊重し、多くの人に見てもらえるシステムを作るべきであると感じている。その背景にはyoutubeは世界を繋ぐことのできる、世界最高の動画配信サイトであるという事実がある。特に、無料でお金の無い貧困層の人々に動画を通して夢や希望を与えているということは実にすばらしいことである。これからも増えていくであろう貧困層の人々が如何に希望を持って生きていくかということはyoutubeのテーマであると考えている。おもちゃを買えない子供が世界中にはどのくらいいるであろうか??そんな子供達の心の安らぎがyoutubeなのである。子供達はyoutubeでおもちゃ動画をみて、自分が手に入れた気分を味わい、力を貰うのである。

Youtubeのシステムをこれからも存続し、全世界の人々を繋ぐ糸であると同時に、人々に夢と希望を与え続ける存在であり続けていただきたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する記事 関連する記事