最高の温泉を求めて!!

 

最高の温泉を求めて

最高の温泉を求めて北海道を旅する予定を春ごろに計画している!!仕事上、温泉の掘削を秋以降にする予定であるのでその頃はかなり多忙にはなってはしまうが現状は大丈夫である。有珠山の麓に源泉を掘るのであるが、国立公園であり、更に自然保護管理区でなおかつ砂防指定地であるため、国と道と、町と森林管理署と環境省と、保健所の許可がいるというかなり大変な手続きとなってはいるが、新源泉を掘ることは必要不可欠な状態であるので、ここは努力しなくてはならない。


みなさんは温泉に求めることとはなんであろうか??最近は日本人観光客は停滞気味ではあるが外国人観光客は増加し総合的にみると北海道の観光は上昇気味である。その背景には外国人の温泉への興味や関心がかなり増えたことも重要な項目であると感じている。それほど温泉のもつ魅力というものが海外の人々にまで浸透してきているのだと感じてると共に、これからは外国人向けの温泉事業の拡大も重要な項目になってくるのだと感じている。少子高齢化により地域の観光は縮小傾向にあるのは免れないものである。そこに新風を吹き入れることが重要であると、温泉を供給、管理する立場として感じている。

北海道としても温泉は重要な資源である。しかし、温泉はやはり限りあるものなので、使い方というものがこれからは重要になってくると感じている。



さて北海道の最高の温泉を求めて、春に行く予定の場所は、夕張温泉と長沼温泉、そして滝川の方の温泉にも行く予定である。多くの温泉を肌で感じ、何が我々の温泉地域には足りないのかを考えていかなくてはならないと感じている。夕張は、観光地としても有名であるが、かつては最大の炭鉱都市であった。

しかし、石炭から石油へ燃料の転換とともに縮小し、市は多額の借金を背負ってしまった。現在は復興のために、若き市長が指揮を執っている。私も3年前夕張に観光に行き、市役所の中もまわり、いろいろとみてきたが、まだまだ市としては機能していないなと感じた。なのであれから3年後の今夕張はどのような変化を遂げたのかをみてきたいのである。なので前日に長沼そして次の日に夕張、そして最後に滝川を満喫し、洞爺湖に戻ってくる予定である。

来年の新源泉の掘削に向けて、北海道の様々な温泉地を巡り、地域の発展に生かしていきたいと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する記事 関連する記事