今回の2017年初頭のyoutubeバン祭りで一つの答えが見えてきた

今回の2017年初頭のyoutubeバン祭りで一つの答えが見えてきた

 

Youtubeにとってお客様というのはもちろん広告主であり、私たちでは無い。その、立場という物を考えると、今回のバン祭りも広告主に良いコンテンツを提供したいというyoutubeの考えを理解すると納得できる部分が多い。やはり、動画を配信するyoutuberの方も、youtubeの立場を考えて動画を収益化しなくてはならないのである。今までは、その部分に対してyoutubeや広告主がある程度許容をしてきたが、今後は今まで以上に厳しくなっていく物と考えられる。良いコンテンツが増えることによって、広告主も安心して広告を載せて貰うことが出来るのである。コピーコンテンツや違法コンテンツがあまりにも増えすぎてしまった為に、今回の祭りは起きてしまった。全く違反をしていない、チャンネルも削除されたり、停止されたりしてしまったのである。その大本を考えると、違法コンテンツをあげて収益化していた人間がやはり元凶なのであろう。

しかしその違法コンテンツも今後は取り締まりが厳しくなるので、今回のようなバン祭りは当分続くであろうと考えている。

 


 

グレー動画スレを見て感じたこと。

今回のバン祭りで多くの違法動画チャンネルが停止され、更に停止されたユーザーは新しいチャンネルを作っても停止されるという状態であり、youtube卒業者が続出している模様である。書き込みもかなり減少しているし、書き込みの内容が、朝起きたらバンされていた・・・とか、もう辞めて就職活動します。といった内容の書き込みがかなり増えている。つまり、違法動画で稼いでいた人たちのほとんどが今回のバン祭りにより淘汰されたといえるであろう。

 


確定申告の重要性

違法動画をあげていた人たちの中には何千万という金額を稼いでいた人もいるようである。もちろん確定申告をしている人もいればしていなく、脱税している人も多いようである。しかし、脱税は7年に渡り税務署が追求できるし、アフィリエイトの収入は電子貨幣専門チームが完全に把握しているので、逃げ切ることは不可能であり、重加算税などの課税がなされる可能性も高い。最大で所得税だけで所得の45%かかる、そして住民税も10%かかるので本来は所得税約5%住民税10%の所を3倍以上も徴収されてしまうのである。更に、延滞税が10%前後かかるので稼いだ金額の7割を支払わなくてはならないという衝撃の事態になってしまう。みんなも確定申告だけは絶対にしなくてはならない。

 


 

Youtuberとして収益を上げた際に経費として落とせる物を考えてみた

今回、確定申告の話になったので、youtuberとて経費で落とせる物を考えてみた。さほど多くはない。

携帯代(使用している割合を算出)

家賃(〃)

電気料金(〃)

インターネット料金

パソコン料金

ビデオカメラ代

撮影にかかった費用全般

 

これらの費用がかかった領収書は保管してまとめておき帳簿を付けておくことが大事である。いつ税務調査がくるかはわからないからである。もし、領収書を無くしてしまった場合は振替伝票を切るという方法がある。これは、簡単なのでぜひ覚えておこう。

経費について、細かくみるといろいろあるが大きな所ではこの位であろう。グーグルからの振り込み料金の総額(1月から12月まで)からこれらの経費の代金の合計額を引いた値が雑所得の金額であり、その金額の約5%が所得税に10%が住民税となり支払わなくてはいけないのである。こう考えると、いかに経費を考えて節約節税していくことが重要な事かおわかりいただけるであろう。

 


 

副収入は会社にばれる??

この点については、確定申告書を見ていただければ、答えは簡単に出てくる。確定申告書の裏側の住民税を自分で納付するにきちんと○を付ければ、会社に副収入の事は知られることは無いのである。しかし、市町村は住民税の金額が前年度よりも異なることから、把握できてしまうということはあるので注意は必要である。

 


 

給与収入と雑収入の控除について

給与収入はその金額により給与所得控除という控除を受けることができるが、雑収入(ネットでの収入)は経費以外の控除を受けることは基本的にはできない。青色申告で事業者として申告すれば控除ができるが、その他にもかかる税金がでてくるし、提出する書類が多くなるので、会計ソフト等が無いと素人には大変な作業になってくる。なので、いかに経費をきちんと考えているかが重要になってくる。

 

話は戻り、2017年のバン祭りでの私の見解は上記で述べた様なことである。しかし、私が危惧しているはyoutubeの衰退の危険性である。Youtubeが余りにも動画を削除してしまうと、youtube自体に動画が少なくなってしまうためアカウント停止ロボットの稼働をどのように動かしていくかが今後の課題になってくるであろう。

 


 

更にグレー動画スレを見て感じたこと。

今回のバン祭りで削除されたり停止されてしまった人達も如何にして復活出来ないかという試行錯誤が繰り広げられているようであるが現状はかなり厳しいようである。その理由としてはただ一つ。違法動画に対しての取り締まりが厳しくなったからである。アカウントを取れたとしても、結局は違法動画をあげるのですぐにアカウントが停止されてしまうというループに陥り、時間だけが無駄になっていくのである。こうなると、無償でただ動画をあげている事になり時間損失だけが増えていくことになる。

今回のバン祭りを受け動画に対する考え方を見直していく必要性があるようである

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する記事 関連する記事