完全無料!!Youtubeにおいて動画の編集の極秘テクニック!!

Youtubeにおいて動画の編集について語る

 

 

Youtubeにおいて動画の編集はとても重要な物です。今回は、動画編集のポイントについて紹介していきたいと思います。

 


 

文字の重要性

Youtubeにおいてこの文字というものはとても重要であり、欠かせない物となっています。人気youtuberの方はこの文字の使い方がとても上手いと感じました。なので、動画の中に文字を入れてみましょう。これはyoutubeの動画エディタでも出来るので、youtubeの動画加工ツールボタンを押して作ってみると良いです。この時重要なのが、

相手にインパクトのあるテロップを挿入する

ことです。まさに、この文章の様にでかくアピールしちゃいます。また、動画撮影の段階でテロップ、字幕の事を考えてセリフ作りもした方が良いということになります。また、動画の表紙でもある、サムネイルにももちろん文字を入れて、よりアピールをした方がよう良いでしょう。特に赤い文字を使うと視聴者の目に止まるようです。

 


 

動画のカット割りについて解説

 

動画のカット割りはとても重要な動画編集作業の一つです。Youtubeの動画エディタでも出来るのですが、なかなか操作が重いのが難点であり。私はFreemake video converterという無料アプリを使用しています。このアプリは動画のカットと出力変換がメインのアプリであり、この2つの作業に関してはかなりのスピードで作業をすることが可能です。一度使用してみてください。欠点としては無料アプリの宿命かエラーが出てしまうことがあるのですが何度かやり直すと回復するので大丈夫です。カット割りのポイントとしては、やはり、見せたい部分をきちんと動画の最初と最後にきちんともってくること、余計なシーンはきちんと削除し質の高い動画を作ることが重要になります。動画を見る視調者の意見ではだいたい5分くらいの動画が限界であるという調査結果も出ています。5分を超える動画で質の低い動画は視聴者が離れていってしまう可能性があるため、短めに作成してください。人気が出たり、知名度が上がれば長い動画も見てもらえるようになるでしょう。

 


 

音楽の挿入

音楽の挿入については、著作権の問題が絡んできます。著作権違反の音楽を乗せてしまうと、収益化が出来なくなってしまうため、著作権フリーの音楽を使用するようにしましょう。音楽の挿入はyoutubeでも行うことができます。Youtubeでも著作権フリーの音楽を提供しているからです。また、甘茶工房というフリー音楽ダウンロードサイトもあります。ここのサイトの音楽は質が高いのでおすすめします。

音楽の挿入する部分についてはやはり、相手にアピールしたい場面で挿入することが重要です。動画の最初から最後まで音楽を挿入する必要性はありません。むしろ、音楽を入れない部分もきちんと作って、差を付けることが重要であると考えています。また、動画の音楽挿入を細かく行いたい場合は、movie studio 等の有料の動画編集ソフトを使用した方が感覚的に作業が出来るのでおすすめします。

著作権の音楽使用による、コンテンツID一致についての音楽削除の方法については、動画の編集画面から音声の部分に飛んでもらいますと、下の方に著作権の異議申し立ての音楽が記載されていてその横に音声の削除というボタンがあります。そこを押すことで著作権の音楽の削除を行うことができ、収益化できる可能性があります。

ここで可能性があるといったのは、音楽の削除は必ずしも成功しないからです。音楽が大きすぎたりすると、削除は失敗しましたという赤い文字が出てしまい。収益化ができません。そこで、動画のカットを音楽の部分のみカットすることで収益化が可能になります。

順序としては、youtubeの音声で動画の削除をしてみて出来なかったら動画加工ツールのカットで音楽の部分のみをカットするという流れです。これで無事に収益化を行うことができます。

外で動画を撮影している場合、配信者の思いとは裏腹に著作権侵害の音楽が載ってしまっているということがあるものです。そこで、この様な作業をしていただければ収益化が可能になるということです。

 


 

まとめ

動画加工の技術は様々なものがあり、色々使用すると、映像自体が騒がしくなってしまいます。シンプルさも重要であり、あまり動画加工技術や映像技術を使用しすぎることも良くありません。

重要なのはこの動画で相手に何を伝えたいかということ

なのです。その為に、文字を挿入しカット割りを行い、重要な部分に音楽を挿入することで相手により自分の伝えたいことを伝える事ができると感じています。むしろ、その3つがきちんとしていれば動画としては十分に機能していると感じています。また、効果音や、早送り、スロー、3Dグラフィック、モザイク、等の技術も所々に入れていくのは良いのかもしれません。こう考えると5分の動画を作るのに何時間もかかってしまうというのは解るような気がします。youtuberの方は手間暇をかけ、愛情を込めて動画を作成しているということが言えるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する記事 関連する記事