子供たちのなりたい職業にランクインしているYoutuberの真実!!

子供たちのなりたい職業にランクインしているYoutuberの裏側について

 

こんにちは。Youtubeアドバイザーのリックマンと申します。

本日は子供たちのなりたい職業第三位のyoutuberという仕事のデメリットについて語りたいと思います。


youtuber としての過酷さ

まず、皆さんもわかっていると思いますがyoutubeで稼ぐことは簡単な事ではありません。相応の再生回数を上げなくてはなりませんから。

相応の再生回数をあげるには毎日様々な企画を考えなくて撮影動画をあげなくてはなりません。

Youtuberとして生活の基盤が収益のみになった場合、そのプレッシャーとストレスは相当なものがあると思います。

更に、youtuberは職歴にはなりません。Youtuberの専属事務所に所属していた場合は別ですが。

つまり、youtuberとして失敗した場合は、転職が難しいのです。

資格を取得した訳でもないですし、他の仕事に活かせる経験を積んできた訳でもないですから(映像編集技術位です)・・・つまり、非常に危険な身分であるといえるでしょう。

この先自分が亡くなるまでyoutuberとして生きていくことができるかと考えたときその可能性がどうであるかを考えてみてください。

また、youtuberは体が資本でもあります。動画を撮影して上げていかなくては収益にならず生活していけないからです。

普通職場であれば、手術で入院したらその分の補償がなされますが、youtuberが補償どころか動画が挙げられなくなるのでかなりのピンチになります。

こう考えるとyoutuberとして生活していくことの難しさが理解できると思います。仮にyoutubeの収益で1年間で300万円稼いだとしても次の年に同じだけ稼げる保証はどこにもないのです。


youtuberの身分について

またyoutuberはグーグルや広告依頼企業の下請けでしかないという事実もきちんと理解しておかなくてはいけません。

Youtubeで広告をあげさせてもらっているという身分は企業間の関係性で言えばグーグルが元請け企業であり、youtuberは下請け企業に過ぎません。ですから、

 

いつなにがあるかわからないんです・・・

この言葉が全てでしょう。明日グーグルが広告のシステムを辞めますと仮に言ったとしてもyoutuberは文句を全くいうことができないのです。

 


著作権侵害や規約違反の厳しさ

 

また、youtubeは規約や著作権に対しとても厳しく、これらの違反を知らず知らずのうちに侵してしまう可能性が往々にしてあります。

皮肉なことに動画再生回数が伸びる動画が規約の違反ラインギリギリのものであることも多いからです。だから、youtuberはより過激な動画を作っていってしまい、最終的には逮捕されてしまう可能性もあるんです。

著作権や規約をきちんと理解し完全にセーフティな動画を製作していくことの難しさは動画を作成していくと理解できると思います。

これがなかなか難しいことなんです。

外で撮影していると、他人が映ってしまったり、知らぬ間に著作権の必要な音楽が挿入されてしまったり。また企画その物が過激である場合は規約に違反してしまう可能性も大きいです。

 


まとめ

 

これらの事実を踏まえると如何にyoutuberとして生活していくことが大変であるかを理解してもらえると思います。

親は子供たちにyoutuberの現実と厳しさをきちんと説明して理解させることが重要でしょう。

しかし!!Youtuberが茨の道であるときちんと理解した上でここで頑張るんだという覚悟のある方を私は応援しています。私自身が少しでも力になれたらと感じています。