Youtuberと確定申告について全容を語る!!

皆さん、おはようございます。Youtubeアドバイザーのリックマンと申します。

所得税の納税期限日が3月15日と過ぎた為、本日は確定申告について語りたいと思います。


収入と所得の関係性について

まず、皆さんも知っていると思いますが。収入と所得は異なります。収入とは実際にyoutuberとしてグーグルから振り込まれた金額を指します。そして所得とはその金額から経費を引いた金額になるのです。

 

その金額(所得)が

仕事をしていて副業でyoutubeでの所得が20万以上の人か

仕事をしていなく本業でyoutubeでの所得が38万以上の人は

確定申告を自分でして所得税を支払う必要性があります。税理士に依頼する方法もありますが、数万円の費用がかかるので自分で行った方が良いと思います。

Youtuberの場合は経費もかなりかかるのできちんと領収書は保管しておきましょう。そして帳簿をきちんとつけておく必要性があります。いつ税務調査が入るかはわかりませんからね。


Youtuberが経費として認められるもの

地代家賃

パソコン代

インターネット料金

電気料金

撮影費用全般

携帯料金

ここら辺が大きな経費になると思いますので、きちんと領収書を保管しておきましょう。

ここで注意して頂きたいのが、使用割合をきちんと出すことが重要です。家賃を経費にできるといっても全てが経費で落とせるとは限りません。

あくまでyoutuberとして活動する為の経費ですから、撮影や動画編集部屋の分しか認められないのです。

携帯電話についても割合を出す必要性があります。電気料金も自分の生活に使用している分は経費としてはもちろん落とせません。この部分を注意してくださいね。


確定申告をせずに所得税を払わず税務署にばれてしまった場合

この場合は追徴課税がなされてしまいます。わかりやすく言うと本来支払うべき金額よりもかなり多くの税金を支払わなくてはならないことになるんです。

その、割合は、50万円までは15%、50万円以上の所得の場合はなんと20%も追加で支払わなくてはならないんです。

マイナンバー制度が確立した今、確定申告漏れの摘発は更に多くなると思いますのできちんと確定申告は行いましょう。

税務署は、youtuberがどれだけ稼いでいるかを調査する権利がありますから、口座情報から簡単に情報を引き出すことが可能ですので隠そうとしても筒抜けになります。

申告漏れがでても自己申告をすれば5%の割合を乗じた計算での税金で済みますので仮に、3月15日の申告期限が過ぎていたとしても、自分から申告することが重要なんです。

税務署はすべてお見通しであるということを理解しておきましょう。


確定申告のやり方がわからないという人へ

所轄の税務署に行くと全てわかりやすく教えて貰えます。またインターネットからの申告もできます。この場合はマイナンバーを読み取る機械が必要になりますので注意が必要です。

そうなんです、今年からマイナンバーの導入により、書類提出の際もマイナンバーのコピー等の確認書類が必要になるんです。もちろん、確定申告書にマイナンバーの記載もする必要性があります。

また、本業で仕事をしている人は源泉徴収票も同時に提出する必要があるので注意が必要です。

確定申告書の書き方は、確定申告書に付いている書き方の書類を見ていただければ細かく書いていますのでわかりやすいと思います。


確定申告に必要なもの

確定申告書

印鑑

マイナンバーカードのコピー表と裏面

源泉徴収票(仕事をしていて副業でyoutubeをしている人)


8年間は追納の義務がある

Youtuberとして重要になるのがこの確定申告です。Youtubeで収益を上げている人の中には、3月15日の期限を知らずにいつの間にか過ぎてしまっていたという人も多いようです。

また、最初から払う気持ちが無い人も結構多いようですが、税務署は厳しい機関ですので、摘発に怯えなくてはならないリスクを考えるのであればきちんと払った方が健全でしょう。

税務署は8年間坂登って、摘発することができますから、仮に8年分の脱税が摘発されると莫大な借金を背負う可能性がでてきますから。きちんと確定申告をしましょう。

 

ちなみに、この確定申告が会社にばれるとまずいという方は確定申告書の裏面の住民税を自分で支払うの項目にきちんと丸をつけてください。

そうすることにより、住民税が会社から天引きされている方も、副業の分は自分で支払うようになりますので大丈夫です。


実際に払う金額をシュミレート

4期分に分けて住民税を支払ってくださいという請求書がくると思います。ちなみに、住民税はおおよそ所得の10 %程度です。

Aさんが仮にyoutubeで2016年1月1日から12月31日までに100万円稼いだとします。

100万円youtubeで稼いで経費を引くと50万円の所得になったという場合は、50万の所得の10%が大体の支払いになります。

ですから大体5万円の住民税を2017年5月以降に支払うことになりますね。Aさんの所得税に関しては所得の大体5%ですから50万円の5%ですね。

大体2.5万円位の支払になると思います。この2.5万円を税務署に3月15日まで自分で払いに行き(自動引き落としの場合は4月15日)、後の住民税5万円の支払いは市や町から納付書が5月頃に4分割で送られてくるという仕組みになっています。

ここで重要なのは所得税は自動引き落とし以外は自分で税務署に行き支払わなくてはならないという点です。

確定申告書を郵送したから、所得税の納付書が送られてくるだろうと思っている方もいるかもしれませんがそんなことはないので、確定申告書郵送組も自動引き落とし以外の人は自分から税務署に行きましょう。


まとめ

Youtubeでの収益は確定申告をしなくてはならない

収入と所得、経費の関係をきちんと理解し、経費の割合をきちんと算出しておく必要性がある

申告漏れが税務署にばれた場合は高額の税金を支払う必要があるので注意する(その場合8年間坂登り徴収される)

確定申告の所得税納付期限は3月15日、自動引き落としは4月15日なので延滞税が発生しないようにきちんと期限までに収めることが重要である