これからはインターネット広告の時代が到来する!!

みなさん、おはようございます!!youtubeアドバイザーのリックマンと申します。

本日は、日本でのインターネット広告費が2017年度、前年に比べ13%もの伸びを見せ1兆3000億円という物凄い金額を記録したことを受け私なりの見解を述べたいと思います。


インターネット広告の時代が遂に到来

インターネット広告費の伸びが尋常ではない事態に突入しているんです。まさに広告を上げさて貰っている側である私たちにとってはとても良い流れであると言えるでしょう。

日本全体の企業がインターネットを使って広告を出し企業の宣伝をする時代に突入したのです。

今までは、テレビや新聞という媒体に依存していた広告ですが、インターネットの普及や拡散により、その勢いはテレビ媒体に迫る勢いなのです。2017年度のテレビ媒体の広告費は2兆円ですからその差は遂に7000億円という差まで縮んでいるんです。

今の時代、若い世代は、テレビよりもyoutubeを見る人が増えていっています!!ですから、広告費の逆転はこの10年以内には起こりうるのではないかと私は予想しています。

そうなると完全にインターネット業界はテレビ業界を越える媒体になるという事が言えるでしょう。


youtuberにとってはどうなるか

先ほども言いましたが、この状態は、私たちyoutuberにとってみるととても良い流れであると言えますね。

多くの企業がインターネットに広告を依頼することで競争率が増えそれに伴い広告単価も上昇し1回あたりの収益も増えるのではないかと予想しています。

私は、以前youtubeは安定期に入ったため広告の分野を狭くするのではないかという予想をしていましたが、このインターネットの広告費の伸びを見る限りこれからもyoutubeは更なる成長期に突入していくのではないかと思います。

ここでこれからも頑張るべきは、縁の下の力持ちである、私達youtuber等の広告動画配信者や広告ブロガーさん達なんですよね。

今までも、これらの方々の努力により日本、いや世界のインターネット広告は広められていったと言えるんです。

彼らがテレビを越えるような質の高い動画を投稿したり、書籍よりも質の高いブログを作り、インターネット広告の実績を上げていったことで今の状態が作り上げられていったのです。

昔は、わからないことがあれば本を読み、ニュースを見て情報を仕入れていましたが、今は検索をすれば一瞬で知りたい情報が得ることが出来ますよね。

それももちろん、ブロガーさんたちの今まで作り上げていったものの集大成なんです。


ここ6年間のインターネットとテレビ広告費の推移

インターネット広告費の伸びを見てみると2011年度で7700億円なんです。つまり2017年度までの6年間でおよそ5000億円の伸びを見せているんです。

これは驚愕の数値であることがわかると思います。

テレビ業界も衛星メディア広告の登場で2011年度の1兆7000億円から2017年度の2兆円へと3000億円の伸びを見せてはいますがインターネット広告の伸びに比べると小さい事がわかるでしょう。


これからyoutuberやブロガーが持つべき心構え

これからは、遂にインターネット広告全盛の時代が到来することは間違いないでしょう。

しかし、ここで勘違いをしてはいけない事があります。

インターネット広告産業の拡大と同時に質の低いコンテンツは淘汰されていく時代に突入するのです。

今までは、許容されていた部分もありますが、youtubeも質の低い動画の削除に踏み切ったり、アドセンスも不十分なコンテンツ(質の低い記事)の広告停止や審査の厳格化が実行されています。

これは、インターネット広告産業の拡大が背景にあるんです。ですから、私達youtuberやブロガーさんは更に質の高い作品を作っていく事が重要になります。

しかし、ここで勘違いしてはいけないことがあります。質が高い=完璧である必要性は無いんです。

ある程度の質をクリアした上で、いかに、人の心を掴むことが出来るか??そして個性的であるかという事が一番重要になってくることを忘れてはいけません。

もちろん、コピーコンテンツは著作権的に違法ですし、テレビ動画もアウトですからね。いくら質が高くてもオリジナリティの無いものははじかれてしまいます。

これらの事を十分に注意しつつ楽しいyoutuber、ブロガーライフを送りましょうね!!