アドセンスブログで稼げるテーマ選びに重要な6つのふるいとは!!

 

皆さんおはようございます。Youtubeスペシャルアドバイザーのリックマンと申します。本日はブログで稼ぐために最も重要となるテーマ選びについて語りたいと思います。

 


アドセンス規約をクリアしているテーマであることが大前提

 

 

テーマ選びをする際に一番重要になってくるのがこの項目になります。アドセンスは規約にとても厳しいことで有名です。

いくら閲覧を集められそうなテーマだとしても規約に違反していると全く意味がないのです。過激な内容のブログは確かに閲覧を集められるかもしれませんが規約違反になることが多く最悪アドセンスの停止になってしまい、一生アドセンス収益を貰えなくなってしまう可能性もありますから十分に注意してください。

規約をきちんとクリアしたテーマであることが大前提になりますね。


 自分が書きたい記事を書く

 

規約をクリアした上で重要になるのが、この自分が書きたい記事を書くということです。よく耳にするのが自分の書きたいブログを書いていては収益など上げることはできないという方もいますが、そもそも自分が書きたい、興味があることでないと継続することが困難なんです。

ブログで収益を上げるということはまさに長期戦ですから、継続していくことが一番重要なんです。自分が書きたいもの、興味のあるものであれば継続していくことができるものです。

しかし、ここで重要なことがあります。自分が書きたいテーマをいくつか用意してください。そしてそのいくつか用意した中から最善のテーマを選ぶんです。最善のテーマというのはこれから説明していく項目に当てはまるテーマということになります。


1000文字、100記事を書けるテーマか

 

この1000文字というのはアドセンスの審査の基準にもなっている通り、グーグルが判断する不十分なコンテンツをクリアしている文字数になりますね。この文字数をきちんとクリアすることができるテーマ選びをしなくてはなりません。

つまり、テーマ自体に情報量があるものでないといくら自分が好きな内容でも1000文字以上を書くことがなかなかできないものなんです。更に、100記事という記事数を書くとなると更に情報量があるテーマなのかということが重要になってきます。

100記事はブログを運営して収益を上げていく記事数の最低基準になります。つまり、100記事、1記事当たり1000文字の内容を書けるテーマであることが大切ですね。

先程も言ったように自分が書きたい記事をいくつか用意してほしいといった意味はここにあるんです。情報量があるテーマ選びをしましょうね。


人の為になるテーマか

これは、アドセンスブログで収益をあげる為に重要な中核になる部分です。人の為になるブログであることでグーグルがあなたのブログを評価し検索上位に上がり、訪問者が増え収益があがっていくという流れになっています。

ですからテーマ選びの段階で人の為になる記事を提供していくことができるテーマ選びにすることが大事なんです。

もちろん人の為になる記事を書くには情報量が必要になりますので先程の項目とかぶる部分はあるのですが、情報量+自分の考えやノウハウを伝えられるテーマかどうかという点が重要になってきます。

読者は基本的にはキーワードを検索して自分の興味のある情報を仕入れるという目的でブログに訪問するという形であることが多いですから、その訪問した方の為になる記事を提供することが収益にも直結することを忘れてはいけません。


他ブログと差別化をはかれるテーマか

収益を上げることができる重要なポイントに差別化という言葉があります。つまり自分が選んだテーマは他の多くの人も書いているテーマであることがほとんどなんです。

ですから、テーマを選ぶ際、自分のブログが他の自分と同じテーマのブログに比べ秀でている部分が無いといけないんです。

そこで重要になってくるのが個性という言葉です。個性があるブログは他のブログとの差別化ができていますから、同じテーマであっても訪問者が多くなります。ではどのようにブログに個性を出していくか、これは、デザイン等見た目の部分もありますが、一番重要なのが記事の中身でしょう。

自分独自の考えをきちんと持っているブログである必要性があります。つまりブログのテーマ決めの段階で個性的で差別化を計れるテーマ選びをした上で更に自分自身でそのテーマについて深く考え、更に勉強をしていかなくてはならないんです。

既存の知識量だけでは差別化をはかるのは限界がありますから。様々な場所から更なる情報を仕入れてそれを自分自身で考えて、独自のノウハウを編み出し提供することが重要なんです。

 


需要と供給をクリアしたテーマである

最後に、重要な項目の一つに需要と供給があります。需要とはブログを見る閲覧者です。供給とはブログを書く我々のことです。

理想をいうと需要が多く、供給が少ないテーマの記事を書くことが一番良いんです。

しかし、現実は、需要が多いテーマには、多くのブロガーの方が既に大量の情報を提供しているのが現状です。つまり、そこに参入しても、自分たちのブログが読まれる枠が既にない可能性が往々にしてあるんです。

ですから、需要がなるべく多く、供給がなるべく少ないテーマを選ぶことが重要になります。このなるべくというのが難しいポイントではあると思いますが、市場調査をしてテーマを決めることが重要です。

間違っても需要が少なく、供給が多いテーマ選びだけはしてはいけません。いくら、上記の項目をクリアしたテーマだとしても閲覧する絶対数が少なすぎると収益を上げることは不可能だからです。


まとめ

アドセンス規約をクリアしているテーマである

 

自分が書きたいテーマであり長期に渡り記事を書くことができる

 

100記事1000文字をクリアできる(情報量がきちんとある)

 

読み手の為になる質の高いテーマであるか

 

他の同じテーマのブログと差別化をはかることができる(自分の考え、ノウハウを書ける)

 

需要と供給をクリアしている(市場調査の重要性)

 

この6つのふるいをクリアしているテーマ選びをしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する記事 関連する記事