アドセンス広告の配置について全てを解き明かす!!

 

皆さん、おはようございます。Youtubeアドバイザーのリックマンと申します。本日は、ブログのアドセンス広告が遂に表示されるようになりましたので、広告の注意点などについて語りたいと思います。


 

アドセンス広告の表示

私は、youtubeでアドセンスを取得していたため、ブログでも広告を貼れるようにするべく、ブログを審査に出し、youtube経由で取得したアドセンスアカウントであるホストアカウントをバージョンアップさせました。

そうすることにより、ブログにも自由に広告を貼れるようになりました。しかし、一向に広告が表示されないため、調べてみるとPINコードの確認が終わらないと、広告が表示されないという事を知り、PINコードの到着を待ちました。

苦節3週間!!遂にコードが到着したため入力すると無事に広告が表示されるようになりました。


 

広告の配置はPCとスマホ両方を考える

これは、広告を貼る際に配置に関しては一番重要になってくる部分になります。ブログによって、どちらから訪問が多いかによっても変わってくるかと思いますが、基本的にPCとスマホの両方で配置の規約に違反していない広告の配置でなくてはいけません。


 

広告の配置について11のNG項目

 

①1つのページにアドセンス広告を4つ以上貼っている場合

(現在はサイト運営者様が提供したコンテンツよりも広告の方が多いページという基準に改正されているようです。しかし、4つ以上貼らない方が無難でしょう。)

対応策⇒記事やコンテンツよりも広告が多くならないように調整をしましょう。重要な事は、訪問者が不快にならないような、サイト作りを心掛ける事です。

収益を多く挙げたい気持ちは、皆さんがあるものですが、多く広告を表示しても収益に繋がるわけではないんです。

訪問者が一番みている部分はあなたの記事であり、一番重要な部分は記事であることを忘れてはいけません。


②スマホでブログに飛んだとき、ファーストビューの画面いっぱいに広告が表示される場合(スマホのファーストビューに300×250のサイズの広告を表示してはいけません。もちろんそれ以上もアウトです。)

対応策⇒スマホのファーストビューには300×100等のバナー広告に変更しましょう。


③スマホで1画面に2つ以上の広告が表示される場合

対応策⇒スマホで自分のサイトをきちんと日頃から確認し、スクロールした際に、1つの画面に広告が2個以上表示されないように広告位置や広告数を調節しましょう。

パソコンとPCの広告表示を別々に管理することでこれらの問題を解決できる場合が多いです。


④スマホで広告が画面からはみ出している場合

対応策⇒広告を小さくするかレスポンス広告にしましょう。左右に偏っている場合は、スタイルシートの変更により広告の位置をずらすなりして対応してください。


⑤スクロール追従機能がある広告を入れる(スマホをスクロールした時に着いてくる広告)

ちなみにこの広告はアドセンスが許可しているアンカー広告に限りOK

対応策⇒スクロール追従機能を外し、アンカー広告を表示しましょう。このアンカー広告はアドセンスの許可したものですので、訪問者は不快な場合消すことができるものになっています。


⑥他のコンテンツとアドセンスの広告が重なってしまっている場合

対応策⇒写真などのコンテンツと広告が重なっていないかを記事ごとに確認していきましょう。

きちんと記事ごとに自分の目で確認しないと意外なところで重なっている可能性があります。特に写真やコンテンツが動的なものである場合は注意が必要です。


⑦閲覧者が誤ってクリックしてしまいそうな場所に広告を表示する

対応策⇒関連する記事やランキングバナーのそばに広告を表示するのはやめておきましょう。

広告を他のコンテンツやリンク先とある程度の空間を持たせておくことも重要になります。


⑧グローバルメニューをクリックしてサブメニューが開かれた時にアドセンスの広告が隠れてしまう場合

対応策⇒展開された時の状態をきちんと考えた上で、広告を配置することで解消されると思います


⑨広告をポップアップさせている場合

対応策⇒ポップアップ機能を使用しないことが重要です。


⑩BIG広告を2つ以上表示している場合(ここで言うBIG広告とは700×500や400×600などのサイズの広告)

対応策⇒クリック率の高い広告ですが、1つのページに複数のBIG広告を表示してしまうと、コンテンツよりも広告の方が多くなってしまうので、普段からきちんとコンテンツを強調した、サイトにするように心がけることが重要です。


⑪紛らわしい広告が複数ある場合(その場合はきちんと広告にラベルを表示して分かりやすくする)

対応策⇒アドセンス広告にはスポンサーリンクときちんと表記し、その他の広告にも名前をつけて表示することで、アドセンス広告とその他の広告の区別がきちんとできるようにしておきましょう。


アフィリエイトの広告掲載時の注意点

ここで注意していただきたいのが、他にアフィリエイトなどの広告を張り付けている場合、表示はできるのですが、アドセンスの広告配置の条件に適応してしまうため注意をしてください。

つまり、スマホの1画面に広告1個ルールについても、1画面にアドセンス広告1つとその他のアフィリエイト広告1つの2つが表示されてしまう部分がある場合、アウトですので気をつけましょう。

アドセンスはその他の広告において、表示する事はOKですが、規約や配置においてルールを適応すると書いています。

広告表示での規約違反をみてみると、やはりスマホでの条件が厳しいですね。今や、ブログの訪問者もスマホからの方が多い時代ですからね。広告を表示させ過ぎて規約違反にならないように注意しましょう。


広告の内容にも注意

また広告の内容の規約についてはアドセンスの規約がそのまま適応されますから、暴力的な物や、アダルトなものは全てNGになりますね。

それ以外にも、チャットレディ広告やポイントサイトへの誘導広告の禁止、ギャンブル等の広告など、多くの規制があるので注意が必要です。

この項目についてはまた詳しく記事を書きたいと思います。この項目はアドセンス広告とアフィリエイト広告を一緒に表示させたい人向けの記事になります。

アドセンスの広告の場合は、規約に準じた広告が自動的に配信されるため、規約違反の広告は表示されないため大丈夫ですが、他のアフィリエイトの広告を貼る場合には十分な注意が必要です。

これは、稼げる広告だろうと他のアフィリエイトで入手した広告をアドセンスが表示されているブログに張ったが、警告処分を受けていて、その連絡に気づかず、アドセンスのアカウント停止処分を受けたという方もいますので十分に気を付けてください。


 

広告警告の72時間ルールとは!!

私が思うに、アドセンス広告をブログで始めた方は、まずはアドセンス広告のみで収益を上げてった方が良いと思います。

そして、広告の仕組みがきちんと分かってきたら、他のアフィリエイト広告を徐々に掲載していくという方法が無難です。

広告によってアドセンスの規約違反を完全に回避するのは簡単なことではないですからね。

また、救済策としてアドセンス側も規約違反をしてしまった場合は、余程悪質でない限り、登録したGメールに警告メールが届くようになっています。

つまりGメールをきちんと確認し、警告メールが来た場合は速やかにブログや広告の改正を行わなくてはなりません。

速やかに行うことで逆にいえば最悪の事態である、アドセンスアカウントの停止は回避することができます

そこの部分は広告掲載を始めた場合十分に注意をしなくてはなりませんね。

ちなみに、警告メールから72時間以内に修正を行う必要性があるようです。

72時間以内というと、いつグーグルからの警告メールが来るかわからないので注意しておこう、という心構えでいないと、きずかない内に、アカウントの停止になってしまう可能性が大いにあります。

 

アドセンスブログを運営している方は、確実に毎日1回はGメールの確認を行うようにしてください。

 


まとめ

アドセンスの広告は配置において多くの制約がある為、きちんとその制約を理解し守ることが重要になります。

その為にも、普段から自分のブログにきちんと目を通し、問題が生じている場所がないかをチェックすることが何よりも大事です。

そうすることで、自分のブログにも愛着がわきますし、より良いアドセンス広告の配置を考えることができます。

広告を多く表示することで広告収入が増えるということはありません。

逆に、訪問者が不快に感じてしまうため、サイトからいなくなってしまうことの方が多いのです。

つまり、これらの、広告位置をきちんと守り、コンテンツと広告の割合をきちんと考えたサイト構築にすることで、訪問者のストレスを減らし、その結果滞在時間が増えることにより、広告収入も増えるという良い循環が生まれることでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する記事 関連する記事