アドセンスとアフィリエイトはどちらが稼ぐ事ができるのか!!

 

皆さん、おはようございます。Youtubeスペシャルエグゼクティブアドバイザーのリックマンと申します。本日は、アドセンスとアフィリエイトのどちらがより稼ぐことができるかに焦点をあてて解説していきたいと思います。

 


アドセンスの魅力とは

アドセンスの魅力はなんといってもクリックされただけで収益を上げていくことが出来るハードルの低さにあると思います。

アフィリエイトの様に広告の商品が売れる所までいかずとも収益が発生する為、多くの閲覧数を集めれば集めるほど比例して収益を上げていくことができます。

つまり、閲覧数がある程度あればコンスタントに収益が入ってくる事になります。しかも、アドセンスは視聴者の興味のある広告を自動で配信してくれる機能が付いているため、クリックして貰いやすいんです。

ですから、アフィリエイトの様にお客さんを限定する必要が無いため記事の内容も自分の好きな記事選びができます。(規約に違反していない事が条件)訪問者にとって魅力の高い広告であると言えるでしょう。

ちなみにワンクリックの収益は、時期にもよりますが大体20円から30円前後の様です。クリックしてくれる確率はおおむね3%前後のようです。

しかし、広告の配置や記事の質の高さで確率をあげていくことは十分に可能であると思います。


 

アドセンスの特徴や欠点

アドセンスはとても規約に厳しいので、広告の配置や記事の内容が規約に違反している場合、広告の停止が行われてしまいます。

ですから、広告の配置は何度も確認し警告を受けないようにしなくてはなりません。

また、記事の内容についてもアドセンスのポリシーに違反していない内容でなくてはならないためきちんとポリシーを熟読してからブログのテーマを決め、記事を書いていく必要性があるんです。

暴力的な表現が含まれていたり、ギャンブルやアダルトな内容が含まれている記事は規約違反になりアドセンスの停止処分を受けることになりますので十分に注意してください。

また、広告を配信するためには、厳しいアドセンスの審査に合格する必要があるんです。

アフィリエイトの場合は審査があるものとないものがあり、あるものもそこまで審査基準は厳しくはないですが、アドセンスは審査がとても厳しいため何十回も落ちている人もいるくらいです。

ちなみに、2016年の夏頃以前は、日記ブログ10記事800文字で合格できましたが、2016年の夏以降は30記事1000文字以上で人のためになる記事、更にプライバシーポリシー等の様々な項目の設置も必須になりました。

こう考えると、アドセンスの広告審査に合格すれば収益は上げやすい広告ではあるがそこまでの道のりが長いのと、広告が配信されたあとも規約が厳しいため、十分な注意が必要であると言えるでしょう。

しかし、逆を言えば多くの規約があるからこそ、安心して訪問者が広告を見ることが出来るため、アドセンスの広告や記事は質の高いものが多いと思います。


 

アフィリエイトの魅力

アフィリエイトは基本的には、広告のクリックのみでは収益は発生しないです。そのあとの商品が購入されたり、案件が成立したりした後に報酬が発生します。(一部クリックのみでの報酬案件もある)

その報酬額が高額なもので1件数万円の報酬になるんです。

つまり、運が本当に良ければ、1人の人が広告をクリックしその人がその商品を購入した場合、一気に高額の報酬が発生するため、加速力と爆発力のある収入源になる可能性も十分にあります。

また、広告の企業を選ぶことができるので、広告の内容も記事にあったものを選ぶことができます。実際、プロのァフィリエタのかたは広告を決めてから記事を書くようです。

報酬額の高く、売れそうな商品の広告を探し決めた後に、記事を書くというスタンスですね。このスタンスで莫大な収益を上げているようです。

又アフィリエイトは、アドセンスの様な厳しい審査や規約が無いため、簡単に始めることができます。登録も5分で終わりそこから、広告を配信することだってできるんです。(広告主との提携は審査が必要な場合もある)

なんといってもアフィリエイトの面白さは、宝探しに似ていると思います。自分が記事を書いてみたい最高の商品の広告に出会えたときの喜びや面白さはアフィリエイトでしか感じることはできないでしょう。その商品で収益を上げることができれば安定して収益を上げ続けることも可能なんです。

また広告の配置についてはアドセンスの様な配置の規制はないので基本的には自由に広告を貼ることができます。自分好みのサイトにすることができるといえるでしょう。


 

アフィリエイトの特徴や欠点

アフィリエイトは商品が購入されてから始めて報酬が支払われるため、広告と記事の内容が一致していなかったりすると、客層が広告と異なるため、収益が全く上がらないという悲劇を生む可能性が十分にあるんです。

更に、広告と記事の内容が一致していたとしても、ライバルの数が現在のァフィリ市場は尋常ではないため、クリックされて商品を購入して貰うという所までいく可能性はある程度の才能がないと不可能です。

アドセンスの様に、訪問者にあわせた広告が自動で配信されるわけでは無いため、書く記事もその広告にあわせた記事を書くだけの単なる作業になってしまう可能性があるため、継続して続けていくことが苦痛になってしまうこともあります。

ですから、アドセンスがよいかアフィリエイトが良いかはきちんと自分自身に相談をして決めていくことが重要であると思います。


 

アドセンスとアフィリエイトはどちらが稼ぐことが出来るのか

この答えがでました。

訪問者数を重視した、ブログであればアドセンス。広告の商品を紹介しているブログであればアフィリエイトです。

つまり、記事の内容によりどちらが稼げるかが決まってくるといえるでしょう。また、どちらが向いているかという部分も大きいと思います。

ある限定された層に、ターゲットを当てて書くことが得意なのか、それとも不特定多数の多くの層に、ターゲットを当てて書くのが得意なのかでアフィリエイトとアドセンスの適正がわかると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する記事 関連する記事